熊本名産 馬肉、馬刺しに関する情報を調査・研究 - 日本馬刺し研究会

日本馬刺し研究会は日々馬刺し・馬肉に関する調査・研究を行っています。

馬刺し・馬肉といえば熊本県

日本で一番有名な馬刺し・馬肉の名産地は熊本県ですが、それ以外にも甲信地方(長野県や山梨県)、東北地方(福島県)、岡山県などがあります。

馬刺し・馬肉の名産地



歴史 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

馬肉は何時から食べられていた?

そもそも日本人は何時から馬肉を食べ始めたのでしょうか?
馬自体は2000年も前の縄文時代後期に大陸からもたらされたようです。
歴史を読み解くと、675年の日本最初の天武天皇の肉食禁止令では「牛馬犬猿鶏の肉を食うことなかれ」とあるため、少なくともこの頃には食されていたようです。びっくり
熊本県の俗説では熊本城を築いた加藤清正にルーツがあります。400年前の文禄・慶長の役当時、朝鮮出兵で大陸に渡った際、補給線を断たれ食料が底をついた加藤清正軍がやむを得ず陣中で軍馬を食したのに始まり、帰国後、清正が領地である肥後熊本に広めたそうです。
江戸時代に入ると馬肉は薬膳(やくぜん)料理として提供され、「風邪」に効くといわれていました。現在、非常に栄養価の高い食肉でることが立証されていますので納得できます。当時は高価な食材だったため庶民に口には程遠かったようですが、200年前頃になると桜鍋(馬肉の鍋)を出す店も同情したようです。聞き耳を立てる

加藤清正




歴史 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

さくら肉

馬肉は別名 「さくら肉」桜と呼ばれます。
鉄分が他の食肉に比べて豊富に含まれている馬刺しはきれいな桜色をしています。これがそのまま「桜肉」と呼ばれる所以とも言われます。しかしながら、最も有力な説は、実は有名な童謡「咲いた桜になぜ駒をつなぐ」から来た呼び名ではないかと言われています。見る

その他にも様々な俗説があります。
●隠語説:江戸時代では仏教の影響で殺生には厳しく獣肉を公に食べる事ができなかったから、肉を植物に例えて馬肉を桜肉と隠語で表現していたという説です。猪を牡丹、鹿を紅葉 と隠語で表現していたのと同じ理由です。
●佐倉説:幕府の牧場が存在していた千葉県佐倉では馬も飼育しており、馬といえば「佐倉=サクラ」と言われるようになった説です。
●春の馬肉が一番おいしいという説:馬が冬に干草・穀類をたくさん食べて肥えることで春の季節(桜の季節)の馬肉が一番美味しいという説です。
●坂本竜馬説:坂本竜馬と高杉晋作の団欒で作られた詩(都々逸:7・7・7・5の26文字からなる詩)「咲いた桜になぜ駒(馬)つなぐ、駒が騒げば花が散る」から来たという説です。
●高村光太郎説:詩人の高村光太郎が詩集「道程」の中の「夏の夜の食欲」の「浅草の洋食屋は暴利をむさぼってビフテキの皿に馬肉(ばにく)を盛る。泡の浮いた馬肉(さくら)の繊維、シチュウ、ライスカレエ、癌腫の膿汁をかけたトンカツのにほひ」が元になり広がったという説です。

馬刺しは別名さくら肉



歴史 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark