熊本名産 馬肉、馬刺しに関する情報を調査・研究 - 日本馬刺し研究会

日本馬刺し研究会は日々馬刺し・馬肉に関する調査・研究を行っています。
<< 馬刺し(馬肉)が食べられている国 | main | 馬刺しの食べ方 >>

馬肉の種類

1トンの馬から約300kgが馬肉製品になると言われています。各々特徴があり、牛・豚肉とは違った美味が楽しめます。

ロース(約90kg) ・・ 非常に柔らかい霜降りと甘みが特徴。刺身や焼肉、しゃぶしゃぶなどによく使われる。
バラ(約90kg) ・・ ロースよりも多少歯応えのある霜降りと甘みが特徴。刺身はもとより、高級寿司ネタによく使われる。
モモ(約90kg)・・霜降りが少なく非常にヘルシーで食べやすい。鶏肉のササミと同等の低カロリー食肉。筋肉の活力減となるグリコーゲンが豊富、これが上品な甘みを産み出す。
タテガミ/こうね(5kg)・・ 馬のたてがみ部分の稀少な馬肉。人間の体温でさらっと滑らかに溶ける。リノール酸、リノレン酸、オレイン酸等の不飽和脂肪酸が多くヘルシー。
レバ(少量) ・・鉄分の宝庫。独特の苦味と香りが通をとりこにします。
タン(少量) ・・鉄分の宝庫。独特の苦味と香りがある。

熊本の高級馬刺しを産地直送してくれる"旨か熊本馬刺本舗さん"では、あなた好みの馬刺しを選んでくれるサイトを用意しています。
旨か熊本馬刺本舗


熊本馬刺し



選び方 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

TBありがとうございました。
憲坊法師 | 2008/04/07 8:32 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hippophagy.org/trackback/10
この記事に対するトラックバック