熊本名産 馬肉、馬刺しに関する情報を調査・研究 - 日本馬刺し研究会

日本馬刺し研究会は日々馬刺し・馬肉に関する調査・研究を行っています。
<< 馬刺しの流通 | main | 馬刺し一人前の量 >>

冷凍より冷蔵生肉

最近ニュース沙汰にもなりましたが、馬刺しの粗悪品として人工で霜降りの「さし」を入れて高そうに見せているものがあります。量販店で陳列棚に置いてある馬肉には不自然なほどまっすくに太くたくさんの「さし」が入った馬肉があります。海外産の馬肉でもよく見かけますので要注意です。
いずれにしても、人口の「さし」の場合は室温で脂分が溶け出してきますので、必ず冷凍状態で流通されています。
また、居酒屋ででてくる馬刺しの多くはカチコチ冷凍保存された馬肉が解凍されてシャリシャリ状態で出てきますが、これも風味が失われ、とても美味しいとは思えません。

つまり、馬刺しを購入する場合は、冷凍ではなく冷蔵生肉状態のものを入手する方がお奨めです。
選び方 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

TBありがとうございます。勉強になりました。
憲坊法師 | 2008/03/24 7:45 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.hippophagy.org/trackback/13
この記事に対するトラックバック