熊本名産 馬肉、馬刺しに関する情報を調査・研究 - 日本馬刺し研究会

日本馬刺し研究会は日々馬刺し・馬肉に関する調査・研究を行っています。
<< 馬刺し一人前の量 | main | 馬肉のカルパッチョ >>

馬肉は不飽和脂肪酸が豊富

馬肉の脂肪色は基本的には黄色です。(個体差はあります)
個体差は餌に起因するようですが、馬が自然放牧などで青草を好んで食べていた場合はその色素により黄色の脂肪傾向になりやすく、穀物や乾草を好んで食べた場合には脂肪は黄白色となるようです。いずれにしても黄色脂肪といえます。遊園地
黄色脂肪は白色脂肪に比べてリノール酸やリノレン酸などの善玉コレステロールである不飽和脂肪酸が多い傾向にあります。不飽和脂肪酸は体温で容易に溶けて体内に蓄積されにくい脂肪分であるため必須脂肪酸と呼称されており、人体のコレステロールを下げ、血液循環を良くする大変大切な脂肪酸です。不飽和脂肪酸は人間の体内では作ることができないため食物から摂取する必要があります。
つまり、市場で馬肉・馬刺しを購入する場合は、できるだけ自然放牧馬の方がお奨めであることが分かります。
馬の放牧
栄養価 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hippophagy.org/trackback/15
この記事に対するトラックバック