熊本名産 馬肉、馬刺しに関する情報を調査・研究 - 日本馬刺し研究会

日本馬刺し研究会は日々馬刺し・馬肉に関する調査・研究を行っています。
<< 馬肉(馬刺し)は動物の餌としても人気 | main | 馬刺しは全国4位:農林水産省「農山漁村の郷土料理百選」 >>

馬刺しは独特の癖がある?

稀に「馬刺しは硬くて独特の癖と匂いがあるんだよね?」という声を聞きますが、それはもう昔のお話です。現在の馬刺しは高級牛肉を凌ぐ逸品となっています。
その昔食用とされていた軍馬や農耕馬の馬刺しはそうだったようですが、現在は食用馬の品種改良が進んでおり、徹底管理された専用の穀物飼料で大自然の中でのびのびと育てられた馬肉(馬刺し)は、非常に柔らかく甘みがあり、匂いや癖も全くありません。例えば食用専門種ペルブルジャンなどは厳選された穀物飼料によって大幅に肉質が向上しました。新鮮な刺身(馬刺し)としてお奨めです。パクッ

馬刺し・馬肉に癖は無い

ニュース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hippophagy.org/trackback/18
この記事に対するトラックバック