熊本名産 馬肉、馬刺しに関する情報を調査・研究 - 日本馬刺し研究会

日本馬刺し研究会は日々馬刺し・馬肉に関する調査・研究を行っています。
<< 馬刺しは全国4位:農林水産省「農山漁村の郷土料理百選」 | main | 馬肥育は飼料(エサ)が決め手 >>

農用馬の種類と肉質の関係

脂肪色、霜降り(脂肪交雑)の程度で決まると言われています。馬肉の肉質は種雄馬と飼料配合の影響が大きいと言われており、日本では馬肉先進国フランス等から農用馬の代表である"ブルトン"、"ペルシュロン"、"ベルジャン"種やこれらの交配種"ペルブルジャン"を輸入して自家繁殖することが多いようです。これらの種は早熟で産肉性の高いと言われています。
また、北海道和種として有名な"ドサンコ"も利用されています。

馬刺しとしては、ボリューム感のある"ブルトン"、"ペルシュロン"、"ベルジャン"種による霜降りの厚いバラ肉が好まれますが、"ドサンコ"はボリューム感は無いが霜降りが優れ味が良いと定評のあります。 よって、これらの種を掛け合わせた半血種を育成するなど、今でも様々な改良・研究が続いています。拍手

ペルシュロン

ペルシュロン
世界で一番大きい原種で、足が短く、胴体が太いのが特徴です。フランス、ソ連、カナダなどに多い畜種です。体重も1トンと乗用車なみです。

ブルトン

ブルトン

フランスが原産国の肉付きの良い馬です。ベルジャン、ペルシュロンとくらべて前足、後足とも、モモが太くボリューム感がたっぷりの食用馬です。

ベルジャン

ベルジャン

ベルギー生まれの馬でカナダ、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、ロシアなど世界中に分布しています。足が長く、肉付きは中程度です。

交配種ペルブルジャン

ペルブルジャン

ペルシュロン、ブルトン、ベルジャンの3種をかけあわせた馬がペルブルジャンです。どの原種よりも味覚に富んでおり、最高の肉馬とされています。

ドサンコ

ドサンコ


馬肥育 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/05/18 2:24 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hippophagy.org/trackback/20
この記事に対するトラックバック