熊本名産 馬肉、馬刺しに関する情報を調査・研究 - 日本馬刺し研究会

日本馬刺し研究会は日々馬刺し・馬肉に関する調査・研究を行っています。
<< 桜丼 | main | お歳暮に馬刺しを >>

桜寿司

【材料】
馬刺し 100g〜200g
お米 2合
料理酒 少々
酢 40cc  
砂糖 40g  
塩 8g
------(お好みで)------
ショウガ
玉ネギ
小ネギ

【作り方】
1. お米を洗い、料理酒(少量)を入れ、少し硬めに炊きあげます
2. お米2合に対して 酢(40cc)、砂糖(40g)、塩(8g) で寿司酢を作ります
3. 炊き上がったご飯を桶の上に移して寿司酢を混ぜ合わせます。うちわで扇ぎながら水分を飛ばすと光沢のある酢飯になります
4. 馬刺しのロース・バラ等の柔らかい部分をシャリより少し大きめくらいにスライスします(馬刺しの厚さはお好みですが目安として2〜3ミリくらい)
5. スライスした馬刺しをシャリに載せてにぎります
※ お好みで玉ネギのスライスやショウガ、ネギなどを添えるとキレイに見えます





食べ方(レシピ) | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

美味しそうですね。

MK | 2009/01/13 3:22 PM
桜寿司、サクラ肉から来ているのでしょうか。

霜降り具合が、新鮮さを物語っています。

私も、山梨出身なので、馬刺しは馴染み深いです。

祝い事などに、食べますね。100g〜千円。といった所でしょうか。最近は、もっと安価に手に入るのでしょうか。

薬味は、生姜よりニンニクのすりおろしを好んで利用します。また、食べたいです。
carrot man | 2009/01/30 12:16 AM
こんにちは。

あまりに美味しそうで思わずコメントしちゃいました。
熊本では普通にあるのでしょうか?
まゆ | 2009/06/25 2:22 PM
桜肉レシピ、参考になります!ありがとうございます。
甲斐武田信玄 | 2010/02/21 6:07 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.hippophagy.org/trackback/27
この記事に対するトラックバック