熊本名産 馬肉、馬刺しに関する情報を調査・研究 - 日本馬刺し研究会

日本馬刺し研究会は日々馬刺し・馬肉に関する調査・研究を行っています。
<< さくら肉 | main | 馬肉のタタキ >>

馬肉は何時から食べられていた?

そもそも日本人は何時から馬肉を食べ始めたのでしょうか?
馬自体は2000年も前の縄文時代後期に大陸からもたらされたようです。
歴史を読み解くと、675年の日本最初の天武天皇の肉食禁止令では「牛馬犬猿鶏の肉を食うことなかれ」とあるため、少なくともこの頃には食されていたようです。びっくり
熊本県の俗説では熊本城を築いた加藤清正にルーツがあります。400年前の文禄・慶長の役当時、朝鮮出兵で大陸に渡った際、補給線を断たれ食料が底をついた加藤清正軍がやむを得ず陣中で軍馬を食したのに始まり、帰国後、清正が領地である肥後熊本に広めたそうです。
江戸時代に入ると馬肉は薬膳(やくぜん)料理として提供され、「風邪」に効くといわれていました。現在、非常に栄養価の高い食肉でることが立証されていますので納得できます。当時は高価な食材だったため庶民に口には程遠かったようですが、200年前頃になると桜鍋(馬肉の鍋)を出す店も同情したようです。聞き耳を立てる

加藤清正




歴史 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

TBありがとうございました。
憲坊法師 | 2008/03/21 1:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.hippophagy.org/trackback/3
この記事に対するトラックバック